#Solution

ソリューションSolution

HRTechの動向

HRTechとは、AIやRPA等に代表される先進テクノロジーを活用し、従来人間でないと対応できないとされてきた業務も含めIT化することで人事業務の効率化や精度向上を図るソリューションです。 なかでも最近注目されているのが、分析/判断系のソリューションです。AIに多くの情報を与えることで、人間では予想が難しかったテーマも分析し判断材料を提供するソリューションです。 例えば、採用の質を高めるためにAIが様々なデータをもとに分析し、入社後活躍する可能性の高い人材を選別し採用担当者にレポートしてくれるソリューションが利用され始めています。 また、身近なところでは、業務面やシステム運用面での不明点をAIに問い合わせすると、24時間365日適切な回答が得られるAIチャットボットなども出てきています。 HRTechの活用事例は多々ありますが、どの領域でHRTechを活用するかは、ユーザーごとに課題視している領域から検討着手すべきでしょう。

実施すべき対策

HRTechというと「先進性」に目を奪われ、「先ずHRTechソリューションを導入してみること」が優先されがちですが、自社が直面している課題にあったHRTechソリューションを探し充分に検討することが肝要です。 HRTechは、新しいソリューションなので、今後新たな発想に基づいた新ソリューションが数多く出てくることが予想されます。 それならばと自社の考えを元に、新たなソリューションを自社開発することも可能ですが、多大な時間とコストがかかります。 その点、既に事例のあるHRTechソリューションから自社にあったものを選択するのであれば、容易に検討/着手できますし、パッケージ製品であればPOCで導入効果をある程度検証できるメリットもあります。 以下にHRTech活用例の一部を列挙しますので、自社のニーズに近いソリューションから検討をされてはいかがでしょうか。

  • AIを活用したハイパフォーマー分析の活用による、採用・配置・異動の最適化
  • ビデオ面接+AI面接による採用業務の効率化と採用レベルの向上
  • RPAを活用し人事業務プロセスの代行させることによる定型業務の省力化
  • AIチャットボットの活用によるエンドユーザーへの応対レベルの向上と省力化(業務運用、システム運用)
  • エンゲージメントスコアや勤怠データを元にした離職傾向やモチベーションレベルの分析と把握   他

AIチャットボット

MetisAI

「コア人事」とは、人事管理や給与計算などの人事業務のなかの基幹的な業務を指します。定型業務が多いため、業務の効率化を目的に古くからシステム化が進んでいる業務でもあります。最近「DX(Digital Transformation)」が注目されていることもあり、制度/業務改革とシステムの刷新を組み合わせた「コア人事」のDX化を検討されるケースも増えてきています。まずはクラウド化や社内申請の電子化によるテレワーク対応から着手し、その後グループ会社ごとに別々だった人事/給与システムの統一化を進めるケースも多くなってきています。

AI採用支援

Ulysses/RM with Digital Interview

Ulysses/RM with Digital Interviewは、クラウド型デジタル面接プラットフォームHireVueとSAP SuccessFactorsの採用管理モジュールを連携したソリューションです。
採用領域の負担を軽減させ、優秀人材の採用を支援いたします。
お客様ごとのご要望に合わせた導入を希望される場合は、標準導入で対応いたしますので個別にお問い合わせください。

TOP